インターネットエクスプローラー(Internet Explorer)でのパスワード管理方法
インターネットエクスプローラー(Internet Explorer)通称IE。ホームページを見る時にこれを使っている人は多いのではないかと思います。その中でよく聞かれることが「パスワード管理」

パスワード管理というのは正しくは「オートコンプリート」と言い、ユーザー名もしくはユーザーIDとパスワードが必要なページで、IEがそれが記憶していて、次回アクセスした時に自分でパスワードなど入力しなくてもIEが自動的に入力してくれるという機能のことです。

【重要】
知っておくとちょっと便利な機能ですが、複数のユーザーが使用するパソコンでは、設定すると他の人にユーザーIDとパスワードを教えてしまうこととなりますので、
絶対に使わないで下さい。


 パスワードの記憶の仕方


当クラブホームページの会員専用ページに入る際に左のようなダイアログが表示されます。

最初の入力のときに
左下の「このパスワードを保存する」にチェックを入れて
OKをクリックすると、次回からは自動的にユーザー名、パスワードが入力された状態で表示されます。


これは知っている方も多いのではないかと思います。







 もしもパスワードの記憶ができなかったら?

何かの拍子にパスワードの記憶ができなくなることがあります。
その時は以下の方法で設定を確認してみましょう。


1.メニューバー「ツール」→「インターネットオプション」

2.「コンテンツ」タブをクリック

3.「オートコンプリート」ボタンをクリック

4.「オートコンプリートの設定」ダイアログが出るので、
 フォームのユーザー名およびパスワードにチェックが入っているか確認する。入っていなければパスワードの保存はできない。

5.設定した後OKをクリックしてダイアログボックスを全て閉じる。

ちなみに「パスワードを保存する確認をする」というチェックが入っていない場合は「パスワードを保存しますか?」と聞かれないが、パスワードの保存はされています。


※「オートコンプリートの設定」でパスワードのクリアをすると、今まで保存したパスワードが全て削除されます。

ここの設定がきちんとできているのにパスワードの保存ができない場合は、サイトの仕様の場合があります。他のサイトで試してみてできている場合はあまり気にしない方がいいでしょう。

 一度記憶したパスワードを変更する時は?

普通にIDを入力後、新しいパスワードを入力してOKまたはEnterを押すとこんな画面が表示されます。
パスワード変更

「はい」をクリックすると、新しいパスワードが保存されます。



 一度記憶したIDを削除する時は?


よくIDなんだっけ?って試し入力をしているうちに何個もIDが記憶されてしまって、次にきた時にどれが正しいものだったかわからなくなる・・・なんてことないですか?
左図は1個のみのIDが登録されている例ですが、その下にいくつも登録されていることがあります。そんな時に正しくないものを削除する方法。

1.いらないIDを選択する
この時クリックしてはいけません。クリックするとそれがそのまま入力されてしまうので、カーソルをIDのテキストボックスに置いた状態で、キーボードの↓を押しましょう。

2.いらないIDが青く選択されたらキーボードのDeleteキーを押す。


3.上と同じダイアログボックスが出るので「はい」をクリック

これだけで完了です。簡単ですよ。


 パスワードを記憶する時の注意点

はじめにも書きましたが、windowsのオートコンプリート機能はとても便利なのですが、職場で使っているパソコンや家族で共有しているパソコンの場合はムヤミに保存すると、同じコンピュータを使っているほかの人がパスワードを知らなくてもアクセスできてしまったりします。パスワード保存の設定をする時は共有パソコンではなく、自分専用のパソコンでするようにしましょう。


Copyright(C) 2006-07 HITACHI ROTARY CLUB. All rights reserved.